出会い系は危険なの?

出会え系は危険なものだと思っている人も多くいるでしょう。しかし、出会い系とはそもそも危険なものではありません。確かに100%安全だとは言い切れません。何故なら、この出会い系が危険だというならば、実際の社会で起こる出会いも危険だとも言えるからです。

近所で困ったおじさんがいたり、会社には口うるさいパワハラ上司がいたり、電車の中でいきなり絡まれることもあるかもしれません。つまり、出会い系が危険な社会ではないということなのです。近所で殺人事件やひき逃げなど、残忍な事件が起こる昨今です。実社会が安全とも言い切れません。人間関係全体に危険となる要因は潜んでいます。それは間違いのない事実です。

では、何故出会い系だけが危険だと言われるようになったのでしょうか。それは僅かな確率で起こった事件を出会い系では常に起こっているかのように報道して、必要以上に騒ぎ立てたマスコミが作成した嘘の事実なのです。

テレビでは事の発端だけ編集されて真に迫った報道はされません。解決まで至ることはしませんので、事件が悪いイメージのまま認識されることもあります。まさに出会い系もそのケースに当てはまります。

また、新しい流行りものというのは世間から叩かれるものです。日本の悪いところで「出る杭は打たれる」社会が常識になっています。そこで男女が手軽に簡単に出会ってしまえる出会い系サイトに、あまり良いように思わない人がいたというのも事実です。

ただ、本気で恋人との出会いを探している方は間違っても出会い系が危険だと思わないでいただきたいのです。出会い系が危険だという人は、出会い系を利用したことのない人や使いこなせていない人の妄想だと思ってもらって構いません。

しかし、全くトラブルがないとも言い切れませんので、トラブルに巻き込まれないために注意点も頭に入れておいてください。初めて会う人はどのような人か分かりませんので、とりあえずは繁華街など人通りの多いところで会うようにしましょう。人通りの多いところで会うことによって周りの目がありますし、すぐに助けを求めることもできます。

また、デートの際はある程度関係を気付いてから車の威容をするようにしましょう。車というのは走り出すと完璧に密室になってしまいます。どこに連れていかれるかも分かったものではありません。そして、最後に出来るだけ相手の個人情報を聞き出すようにしましょう。相手の素性が分かっていれば、安心でしょう。